Top > 学術出版

学術出版PUBLICATION

武藤化学では病理検査をはじめ、臨床検査薬、試薬研究などに関する学術書籍を出版しています。ここでは、電子ブックでご紹介いたします。

学術書籍の購入

ご購入の際は、こちらからお問い合わせ下さい。
 

データの閲覧

データの閲覧には会員登録が必要です。 下記ボタンより会員登録ページへお進みください。
ご登録いただいたあとに、ID PASSワードをメールでお知らせいたしますので、そちらでログインしてください。
会員登録フォーム
 

新報告様式に沿った 泌尿器細胞診カラーアトラス (シリーズ35)

〔監修〕泌尿器細胞診カンファレンス
 
平成27年4月に日本臨床細胞学会理事会で承認された泌尿器細胞診新報告様式に基づくアトラスです。
 
詳細へ
  新報告様式に沿った泌尿器細胞診カラーアトラス

血液細胞形態学 マスターコース

〔監修〕日赤長崎原爆病院 院長 朝長万左夫
 
血液形態学の判定の標準化のために、多数の細胞像と一緒に解説してあります。
 
詳細へ
  血液細胞形態学 マスターコース

実践甲状腺・唾液腺細胞診(シリーズ34)

〔監修〕日本細胞診断学推進協会細胞検査士会
 
甲状腺・唾液腺細胞診への造詣が深く、日本の第一線で活躍している専門医および細胞検査士が執筆した手引書です。
 
詳細へ
  実践甲状腺・唾液腺細胞診(シリーズ34)

スキルアップ サイトロジー(シリーズ33)

甲状腺・唾液腺細胞診への造詣が深く、日本の第一線で活躍している専門医および細胞検査士が執筆した手引書です。
 
詳細へ
  スキルアップ サイトロジー(シリーズ33)

ベセスダ・システムの基礎と実践(シリーズ32)

[監修]日本細胞診断学推進協会細胞検査士会
 
本書はベセスダシステム準拠『医会分類』に従って細胞診断する際に座右の書となるよう企画されております。多数の症例の細胞像に基づき、HPV感染と課題、TBS用語の解説、適正標本を作るためのポイント、扁平上皮系並びに腺系細胞の特徴、液状処理検体の処理法など、すべての必要項目が網羅されています。
 
詳細へ
  ベセスダ・システムの基礎と実践(シリーズ32)

胆管・膵管細胞診カラーアトラス(シリーズ31)

[監修]日本細胞診断学推進協会細胞検査士会
 
多数の症例に基づき、基本的に2枚のパパニコロウ染色・写真セットから構成され、写真下には細胞所見が要点良く、「見落とされやすい所見」や「注意点」などの記載がなされています。
 
詳細へ
  胆管・膵管細胞診カラーアトラス(シリーズ31)

クリエイティブ サイトロジー3(シリーズ30)

[監修]癌研究会有明病院 細胞診断部部長 平井康夫
 
画像や臨床所見との対比が、詳述されており、実務上大変役立つ内容になっています。
 
詳細へ
  クリエイティブ サイトロジー3(シリーズ30)

乳腺細胞診断の進め方

[監修]日本医科大付属病院 病理部 土屋眞一
松坂中央総合病院 臨床病理科 石原明徳 
 
診断過程でキーポイントとなる「構造異型」、「細胞異型」、「出現パターンと背景」、おとび腺上皮細胞と筋上皮細胞との「二相性」、さらに「悪性と間違えやすい良性病変」「良性と間違えやすい悪性病変」について細胞所見の見かた、考え方を解説し、代表的な写真を提示して診断プロセスを整理しました。
 
詳細へ
  乳腺細胞診断の進め方

クリエイティブ サイトロジー2(シリーズ28)

[監修]BML顧問 病理・細胞診センター名誉所長 田中昇
 
激増しつつある内膜癌の早期発見に貢献し、積極的に取組んでおられる極めて熱心、かつ高度の知識、細胞解析の技能を有しておられる技師の方々が採取器具から始まって標品の解析、あえて細胞解析だけでなく、むしろ準組織のレベルで採取された資料の圧挫片を解析する見方などを解読してあります。
 
詳細へ
  クリエイティブ サイトロジー2(シリーズ28)

クリエイティブ サイトロジー1(シリーズ27)

[監修]BML顧問 病理・細胞診センター名誉所長 田中昇
 
細胞検査のかたがたが中心となって独自の立場でテーマと内容について知恵を出し合って、十分吟味のうえ、従来にない細胞診のあり方をさぐり、将来につなげてゆく、従来の知見の焼き直しでなく新しい「細胞病理学」cytopathologyを作り上げ、盛り上げて行きます。
 
詳細へ
  クリエイティブ サイトロジー1(シリーズ27)

細胞診の基本 下巻 各論(シリーズ26)

[監修]日本癌学会功労会員 日本臨床細胞学会名誉会員 田中昇
 
本書は各論とし誠によくまとまり、分担執筆者も各々権威あるcytopathologistで、随所に田島博士の現場での見解、討論が附記されており、現場における勉強会の想いにひたることが出来ました。又、多数の写真も見事で、極めて適切な表現がなされています。
 
詳細へ
  細胞診の基本 下巻 各論(シリーズ26)

細胞診の基本 上巻 総論(シリーズ25)

[編集]名古屋大学医学部 田嶋基男
 
細胞診検査の基本的技術を原理標本の作成方法、細胞の観察の仕方まで詳細を記しています。
 
詳細へ
  細胞診の基本 上巻 総論(シリーズ25)

細胞診と酵素抗体法(シリーズ24)

[編集]東海大医学部 長村義之
 
日頃各領域で免疫組織化学を細胞診断に応用しておられるエキスパートに出来るだけ美しい染色を供覧していただくようにお願いし、読者の先生方の日常の診断の参考書となるべくアトラスを作製しました。
 
詳細へ
  細胞診と酵素抗体法(シリーズ24)

腺癌細胞とその周辺(シリーズ23)

[編集]宮城県立がんセンター 武田鉄太郎
 
腺癌と、異型腺腫atypical adenoma,異成形dysplasia,異型増殖症 atypical hyperplasia など癌関連病変についての、主として細胞像からの模索であります。
 
詳細へ
  腺癌細胞とその周辺(シリーズ23)

泌尿器の細胞診(シリーズ22)

[監修]名古屋掖済会病院 佐竹立成
 
細胞診断の基盤ともいうべき組織診断について、細胞診との関連で説明、解説するとともに、移行上皮癌細胞及びそれと鑑別を要する細胞、その由来する組織像を、なるべくスライドを多く用いて説明しました。稀少症例を各施設の方々にお願いして載せていただいた。
 
詳細へ
  泌尿器の細胞診(シリーズ22)

血球カラーアトラス

関東地区の大病院に勤務し、数十年間臨床の現場で血液検査に従事してきた11名の執筆者の幅広く深い知識を結集させた1冊。
 
詳細へ
  血球カラーアトラス

血球カラーアトラス(合本)

この本に記載の標本、症例はすべて執筆者が実際に写真撮影したもの。血球形態検査の現場で、技師や実習生の教育も視野に入れたつくりとなっている。
 
詳細へ
  血球カラーアトラス(合本)

細胞診カラーアトラス

婦人科系細胞診の中でも、女性性器の癌およびその関連疾患に焦点を当て付図によって解説。
 
詳細へ
  細胞診カラーアトラス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PAGE TOP