Top > 学術出版ベセスダ・システムの基礎と実践(シリーズ32)

ベセスダ・システムの基礎と実践(シリーズ32)

ベセスダ・システムの基礎と実践(シリーズ32)
電子ブックを見る
 
会員登録
学術出版の閲覧には会員登録が必要です。
上のボタンより会員登録ページへお進みください。
 
2010, 2 発行
監修:日本細胞診学推進協会細胞検査士会
ISBN978-4-998060-32-9
 
・細胞診結果報告様式ベセスダシステムの成立と変遷
・本邦におけるベセスダシステム運用の現状と課題
・子宮頸癌とパピローマウイルス
・採取器具別標本作製のポイント
・病理学的/組織学的からみた Bethesda System2001
・ベセスダシステムで使用されている用語
・標本の適正、不適正に関して
・ベセスダシステムにおける扁平上皮系細胞の扱い
・ベセスダシステムにおける腺系細胞の扱い
・液状処理細胞診について
・ベセスダシステム2001準拠子宮頸部細胞診報告様式
・症例集
・Q&A
 
 
 
 
正誤表

・目次 9行目
   誤) 細本邦における・・・・・
   正) 本邦における・・・・・

 
・本文 P1 最終行
   誤) この状態が放置されていているもの・・・・・
   正) この状態が放置されているもの・・・・・
 
・本文 P4 1行目
   誤) , not otherwise specify:AGC-NOS)と腫瘍疑い・・・・・
   正) , not otherwise specified:AGC-NOS)と腫瘍疑い・・・・・
 
・本文 P39 中央部 B.具体的な細胞像
   誤) LSIL:軽度無形成(koilocytosisを伴う)
   正) LSIL:軽度異形成(koilocytosisを伴う)
 
・本文 P44 図17説明文 3行目
   誤) koilocytosisもみられる。図6のASU-USに
   正) koilocytosisもみられる。図16のASU-USに
 
・本文 P50 表2
   文献に出典年度の追加   2002年
 
・本文 P64 B.扁平上皮系異常  7行目
   誤) HSL
   正) HSIL
 
 
  Flash Playe   電子ブックをご覧いただくためにはFlash Playeが必要です。
Flash Playeをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
 
 
PAGE TOP