Top > 製品情報試薬病理用溶剤病理用エタノール

安心してお使いただくために

製品をご購入いただいたお客様に、武藤化学が実施しているサポートについてご紹介します。

詳しくはこちらから

武藤化学のOEM商品

武藤化学の製品は、世界へ広がっております。

よくある質問

お客様からいただいたご質問について一部をご紹介しております。

お電話でのお問い合わせ

03-3814-5511

受付時間:9:00~17:00(土日祝日除く)

お問い合わせ・資料請求

病理用エタノール

病理用エタノールNP   NEW
病理・細胞診標本作製用として、価格的に断然有利な特別組成のアルコール(通産省から製造販売承認を取得した新処方で、酒税法の適用外)をご用意いたしました。病理・細胞診標本作製の種々過程(染色・脱水他)で使用される通常の高価なエタノールに替え、また低コストの「病理染色用溶剤エタノール100NP,95NP」のご利用をおすすめいたします。病理染色用溶剤エタノール100NP、95NPはメタノールフリーです。
 
品番 品名 容量 価格
40262 エタノール100NP 18L ¥11,500
40272 エタノール95NP 18L ¥10,700
品名 成分 用途
病理用染色溶剤
エタノール100NP
エタノール
モレキュラーシーブ
IPA、NP
退色のない標本作製に不要な水分を含まない
アルコールとして脱水操作に有用
染色液調整用
病理用染色溶剤
エタノール95NP
エタノール
IPA、NP
精製水
染色
固定
染色液調整用
 
 
 
病理用エタノール   病理・細胞診標本作製用の特別組成なアルコールです。エタノール100はアルコール中にモレキュラシーブを入れ水分を乾燥除去した物ですので、標本作製過程の脱水、脱キシレンに安心して使用できます。また、通産省から製造販売承認を取得した新処方で酒税法に適用外のため低コストな利点があります。
 
 
[特長]
エタノール100は、モレキュラシーブ入りですので水分が乾燥除去されています。
低コスト:特別処方のため酒税法適用外なので低コストです。
染色への悪影響はない:アルコールへの色素溶出量は試薬エタノールと変わりません。
褐色への悪影響はない:水分が除去され、脱色を抑制する安定剤成分が含まれているため褐色の問題はありません。
品番 品名 容量 価格
43104 病理用染色溶剤
エタノール100
1.1L×12本 ¥14,100
43105 4L×4缶 ¥11,000
43103 9L×2本 ¥12,000
43101 16L ¥10,500
43102 18L ¥11,500
43114 病理用染色溶剤
エタノール95
1.1L×12本 ¥13,000
43115 4L×4缶 ¥10,150
43113 9L×2本 ¥11,200
43111 16L ¥9,630
43112 18L ¥10,700
[組成及び用途]
品名 包装 成分 用途
病理用染色溶剤
エタノール100
18L
16L
9L×2
1.1L×12
エタノール
メタノール
インプロピルアルコール
モレキュラーシーブ3Å
脱キシレン
脱水
染色液調整
病理用染色溶剤
エタノール95
18L
16L
9L×2
1.1L×12
エタノール
メタノール
インプロピルアルコール
蒸留水(5%含有)
細胞診固定液
細胞診染色過程(←パパニコロ染色系列の95%アルコール)
染色液調整
[モレキュラーシーブ]
水分子のサイズは2.6Åでモレキュラーシーブ3Åに入りこみ、エタノールは完全水分除去されます。
またエタノール分子は3Åより大きいのでモレキュラーシーブの孔に入ることはできません。
モレキュラーシーブの乾燥容量は大きく、その重量の約20%の水分を吸収します。
  モレキュラーシーブ
有機溶媒の水分除去乾燥のために次の特長を有するモレキュラーシーブが広く利用されています。
(1)乾燥力が強い
有機溶媒中の水分を約0.001%にまで除去可能
(2)取扱簡便かつ安全
モレキュラーシーブを溶媒に添加し、放置(約1日)
するだけでよい。また取扱上安全。
(3)乾燥容量が大きい
通常モレキュラーシーブの重量の約20%の水分を乾燥除去できる。
(4)再生が可能
(5)水だけでなく極性不純物の除去も可能
〔比較テストの判定方法〕
・対照(写真下段)より優れる染色性(+)
・対照(写真下段)と同等の染色性(±)
・対照(写真下段)より劣る染色性(−)
 
    扁平上皮細胞
(癌も含む)
円柱上皮細胞
(癌も含む)
移行上皮細胞
(癌も含む)
中皮細胞 血液系細胞
細胞質 オレンジG ±( ± )        
ライトグリーン ±( ± ) ±( + ) ±( ± ) ± ±
ヘマトキシリン ±( ± ) ±( + ) ±( ± ) ± ±
核小体 エオシン ±( ± ) ±( + ) ±( ± ) ± ±
扁平上皮細胞、円柱上皮細胞、移行上皮細胞、中皮細胞、血液系細胞は正常細胞
( )内は癌細胞
 

病理染色用溶剤エタノール100を用いた標本

A:子宮頚部・扁平上皮細胞   B:腹水、中皮細胞   C:気管支洗浄・腺癌細胞
A:子宮頚部・扁平上皮細胞   B:腹水、中皮細胞   C:気管支洗浄・腺癌細胞
 

従来の試薬エタノールを用いた標本

A:子宮頚部・扁平上皮細胞   B:腹水、中皮細胞   C:気管支洗浄・腺癌細胞
A:子宮頚部・扁平上皮細胞   B:腹水、中皮細胞   C:気管支洗浄・腺癌細胞
 
 

03-3814-5511

受付時間:9:00~17:00

 
 
PAGE TOP