Top > 製品情報顕微鏡用グラスコーティングガラス

安心してお使いただくために

製品をご購入いただいたお客様に、武藤化学が実施しているサポートについてご紹介します。

詳しくはこちらから

武藤化学のOEM商品

武藤化学の製品は、世界へ広がっております。

よくある質問

お客様からいただいたご質問について一部をご紹介しております。

お電話でのお問い合わせ

03-3814-5511

受付時間:9:00~17:00(土日祝日除く)

お問い合わせ・資料請求

コーティングガラス

 

シランコーティング

シランは疎水性であり、ガラス表面とシリカと有機ポリマーとの間に有機反応シランとなり結合します。他の接着剤と比較して毒性が弱く、耐熱性があり背景の共染がなく、酸、アルカリに対しての安定性も優れています。
詳細へ
 
シランコーティング
 

シランS

有機−無機ハイブリッドであるシランカップリング剤の一種であるアミノシランを使用しています。無機成分のシラノール基はガラス表面のシラノール基と結合し脱水縮合後に、非常に強固な結合力を示します。有機成分のアミノ基はコート膜の表面に配向し正(+)に荷電したコートスライドとなります。
詳細へ
 
シランS
 

NewシランII

より強い接着力を目的として開発致しました。 従来よりも更に強力な接着力を実現し、組織診での高アルカリ溶液および高温による抗原の賦活化や細胞診分野での強い接着力を必要とする検体にもご使用頂けます。
詳細へ
 
NewシランII
 

NewシランIII

接着力がより強く、PAM 染色の銀鏡反応による共染の抑制と免疫染色による染色斑の抑制を目的に開発致しました。ガラス表面の親水性度はNew Silane Ⅱと同等で標本作製作業が容易な製品です。
詳細へ
 
NewシランIII
 

NewシランⅣ

NewシランⅢと同様に、優れた親水性で、接着力が強く、PAM 染色の共染の抑制ができます。
自動免疫染色装置による非特異的な染色ムラを抑制するために開発いたしました。
詳細へ
 
Newシラン4

自動免疫染色装置を用いた染色例

(乳腺HerⅡ)

                       

イムノコート

免疫組織化学専用のコートスライドで120℃ぐらいの高温でも組織切片は剥がれません。オートクレーブ、マイクロウェーブに対応です。
詳細へ
 
イムノコート
 

PLL(ポリ-L-リジン)

ポリ− L −リジンは、分子構造中に二つのアミノ基と一つのカルボキシリ基を持ち、正(+)に荷電したアミノ酸の一種であるリジンの高分子である。ガラス表面にコートすると一つのアミノ基がガラス表面とイオン結合し、もう一方のアミノ基がコート膜の表面に配向し正(+)に荷電したコートスライドとなります。
詳細へ
 
PLL(ポリ-L-リジン)
 
 
 
PAGE TOP