Top > 製品情報消耗品Jフィットブラシ/Jフィットブラシプラス(婦人科細胞採取器具)

安心してお使いただくために

製品をご購入いただいたお客様に、武藤化学が実施しているサポートについてご紹介します。

詳しくはこちらから

武藤化学のOEM商品

武藤化学の製品は、世界へ広がっております。

よくある質問

お客様からいただいたご質問について一部をご紹介しております。

お電話でのお問い合わせ

03-3814-5511

受付時間:9:00~17:00(土日祝日除く)

お問い合わせ・資料請求

Jフィットブラシ/Jフィットブラシプラス(婦人科細胞採取器具)

Jフィットブラシ  

Jフィットブラシ                  製造販売業届出番号 13B3X10082000001

MPC 液状化検体細胞診システム
日本女性のために進化した、体にやさしい“子宮頸がん検診”システム。
子宮頸がんの早期発見を願い、婦人科腫瘍専門医*と細胞検査士が協力して開発。
日本女性の体に合わせたサイズ・形状のブラシで負担を軽減し、
簡便に高精度の標本作製を実現します。

*がん研有明病院 細胞診断部 部長 杉山裕子先生 監修

 
Jフィットブラシプラス  

Jフィットブラシプラス             製造販売業届出番号 13B3X10082000004

体にやさしい“子宮頸がん検診システム”に、頸管細胞の採取を容易にする

「Jフィットブラシプラス」登場。
子宮頸がんの早期発見を願い、婦人科腫瘍専門医*と細胞検査士が

協力して開発した子宮頸がん検診システム。
好評をいただいている従来のブラシに、子宮頸管の採取も容易に行える

新しいブラシが加わりました。
いずれも日本女性の体に合わせたサイズ・形状で負担を軽減し、

簡便に高精度の標本作製を実現します。

*がん研有明病院 細胞診断部 部長 杉山裕子先生 監修

 
品番 品名 特長 容量 価格
17001 Jフィットブラシ 子宮頸部と頸管付近の細胞採取に適しています。 50本入 ¥3,500
17003

Jフィットブラシ

プラス

子宮頸がん検診用ブラシがさらに進化しました。

子宮頸部細胞から頸管腺細胞まで幅広い細胞採取に適しています。

50本入 ¥5,000
1箱50本入り。1本ずつ滅菌包装
 
 
[特長]
日本女性の体に合わせたサイズ・形状です。
採取時の刺激を軽減する軟らかい材質を採用しましたので、患者様の痛みや出血を軽減できます。
ブラシ先端は半円状になっており患者様への刺激が軽減できます。
ブラシ幅は15mm でSS サイズのクスコ使用時でも使用可能です
採取した検体は細胞数が豊富で高精度の標本作製が実現できます。
1 本ずつ滅菌包装されております
J フィットブラシプラスでは、頸管細胞採取部に十字方向(12 時、6 時方向:2 列、3 時、9 時方向:1 列)に植毛し頸管細胞の採取が容易です。

本製品はLBC法にも使用可能です。

LBCについてはこちら

 
画像2   画像3
J フィットブラシ
 
画像4   画像5
J フィットブラシプラス
[使用方法]
膣鏡等を用いて子宮膣部および頸部を確認して下さい。
本品を滅菌袋から取り出して下さい。このときブラシの先端に、手を触れないようにして下さい 。
ブラシの先端部を子宮口に軽く差し込んで下さい。
ブラシを時計回りに2 回転させて細胞を採取して下さい。
[使用上の注意]
本製品は医療機器であり、1 本ずつ滅菌包装されております。ディスポ−サブルでご使用頂き再利用はしないで下さい。
[検体処理方法]
■従来法の場合
従来の場合
①採取した細胞をスライドグラス上部に塗抹する。   ②ブラシを裏返しスライドグラス下部に塗抹する。。   ③塗抹後ただちに95%エタノールで30分以上固定する。もしくはラピッドフィックス、ラピッドスプレー等で固定する。
■液状化検体細胞診の場合
液状化検体細胞診の場合
保存固定液(サイトリキッド)の入った容器にブラシを入れ底に押しつけ、柄を回転させ細胞を振い落とす。終わったらブラシを取り出し棄てる。        
 
 

03-3814-5511

受付時間:9:00~17:00

 
 
PAGE TOP